カテゴリー
FXSuit

銀行・融資

こんにちは。

コロナの影響があってとある銀行の方針が変わってその銀行の融資が厳しくなったということがありました。

具体的にはその銀行の経営陣が変わりそこの銀行自体の方針も変わったようです。

経営陣が変わって銀行全体の方針が変わるということは少ないかもですが銀行の方針が変わるということは銀行という組織ではよくあることです。

例えば、よくあるのが支店長が変わったので支店の方針が変わることです。

また、もっと言うと担当者が変わっただけで融資が厳しくなることもあります。

優秀な担当者だった時は臨機応変に対応できて融資が出やすかったが能力が劣る担当者に変わった途端に融資が厳しくなってしまったりするわけです。

なので、融資を出してもらうということはいかに優秀で融資を出せる銀行、支店、そして、担当者を抑えられるか否か?
なのです。

担当者がいくら優秀でも支店の方針が厳しいと融資は出せないですし担当者と支店がやりたがっても銀行本部が融資を出さないと結局融資は出ないわけです。

また、今、そのような担当者、支店、銀行を知っていたとしても銀行は常に担当者を移動させるますし、場合によって経営陣が変わることもありえるわけです。

これを個人で電話で問合せしたりして逐一把握していくのもやれないことはないのかもしれませんが、限りなくほぼ不可能に近いと思います。

そういったときは専門家に依頼するのが賢明です。

融資についてはプロフェッショナルではないですが、資産運用についてはある程度の知識があります。
そこで、私が行っている資産運用のひとつをご紹介します。
簡潔にいうと、FXを使ったスワップトレードです。
銀行に預金する感覚で行えるので初心者でも簡単に行うことができます。
是非、資産運用のひとつとして導入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です